NOBU -hair works-

新宿と銀座の美容室Joule , Joule South , Hair Lounge Joule Ginza のエリアマネージャー、NOBUのブログ。3店舗をまたいでサロンワーク中。離職率3%のヘアサロングループをマネジメント。渡英経験あり。28歳美容師の思うこと。

とことん向き合うことの大変さと大切さを学んだ夜。

昨日は、彼と。

 

 

f:id:yamayanobuhiko:20170730005921j:image

 

たつろー氏

専門学校時代の同級生です。

 

 

ぶっちゃけ専門時代にめちゃめちゃ仲良く遊んでいたかと聞かれれば、そうではなかったと僕は答えます。

 

今回も、下手したら卒業ぶりの再会。9年越し??

 

 

ありがたいことについ先日連絡をいただきまして飲みに行くことに。

 

 

誘われた理由としては彼の相談を受ける形だったのですが、、、

 

 

 

 

いやはやなんとも

 

話している内容としては

僕の方がたくさんエネルギーをいただき。

マネージャーとして、というか人として大切にするべき部分の話をたくさん伺えました。

 

f:id:yamayanobuhiko:20170730015642j:image

 

 

信念や大切に思うことの伝え方や

それだけでなく個人単位での人との向き合い方や

それに伴う姿勢や物事の捉え方

 

この会わない9年の間、彼自身が乗り越えてきたことは僕が想像しているよりもずっと困難なことだったのかと思います。

 

 

 

ちなみにたつろー氏。

 

美容師6年→美容学校教務2年→現美容メーカー勤務

 

面白い経歴の持ち主です。

 

 

特に美容学校教務時代のお話を聞いている時に、とってもとっても為になることを伺えました。

 

 

 

まっすぐな姿勢で、いかに学生たちに楽しく学校生活を送ってもらえるか。

その思いを伝えるのにどれだけの準備と繰り返しの熱量が必要か。

 

 

 

不登校になってしまった生徒とも本気で向き合い、クラス全員を前を向いた状態で卒業させるためにめちゃめちゃ話して、単位が足りないのも校長先生に直訴してどうにかして、無事に全員を卒業させたという。

 

 

まるで現代の金八先生みたいな熱量。

 

 あるいは

 

ルーキーズの川藤かな。

f:id:yamayanobuhiko:20170730015732j:image

ROOKIES - Wikipedia

 

 

 

信頼をしてもらうためには行動こそ。

 

ちゃんと生徒からも自分の足りていない部分を教えてもらう。

 

生徒のために思う、自分の大切にしている譲れない信念は、繰り返し繰り返し何度も何度も伝える。

理解されなくても、なんでそう思っているのかまで言葉にして伝える。

 

何度も何度も。

 

耳が腐るほど繰り返して。

 

 

 

 

いやあ。。。。

 

 

このご時世に

『生徒全員がこの学校に入ってよかった』って思えるようなクラス運営をできる先生がいるのかと感動してしまいました。

 

 

 

物事の伝え方や、向き合う姿勢、本当に色々と学ばせていただきました。

 

 

 

今後の展望等の話はまた今度として、

またぜひ話に行きましょう。