NOBU -hair works-

新宿と銀座の美容室Joule , Joule South , Hair Lounge Joule Ginza のエリアマネージャー、NOBUのブログ。3店舗をまたいでサロンワーク中。離職率3%のヘアサロングループをマネジメント。渡英経験あり。28歳美容師の思うこと。

いつの間にか慣れて使ってるその言葉、本当に相手に伝わってると思ってますか?

昨日は2月入社のうちのニューフェイス

 

アンディ(26歳♂日本人)とメシ食いに

 

 

イタリアンあんま行かないって言うから、Jouleの目の前にある

【トラットリア クアルト】さんへ

 

tabelog.com

 

食べログ評価も高いんですよ。実際リーズナブルでなに頼んでも基本美味しいんでオススメです。

 

 

 

いろんな話をしに来たのもあるんですが

実は今回は結構指導的な意味合いを含めてイタリアンに連れてきました。

 

 

 

 

 

「食べたいもん頼んでいいよ」と伝え

 

メニューを選ぶアンディ

 

f:id:yamayanobuhiko:20170726172537j:image

 

『やっべぇカタカナが多すぎてアクアパッツア以外わかんねぇっす!!!』

 

 

カルパッチョは聞いたことない??」

 

 

『あれっすよね、なんか皿に広がって出てくるやつ。』

 

 f:id:yamayanobuhiko:20170726204735j:image

 

そうそう。間違っちゃいないぞ。

 

 

 

 

■ところでイタリアンとかフレンチって、名前だけだと料理の想像ができないカタカナのメニュー多くないですか???

 

トリッパ

コンフィ

フリット

カプレーゼ

ジェノベーゼ

 

 

当たり前だけど、英語ですらないから、全く想像しづらいもんです。

 

僕は最初にブルスケッタと聞いた時はファイナルファンタジーとかで出てきそうな武器か何かかと思いました。

f:id:yamayanobuhiko:20170726215840j:image

名前的に短剣っぽくない?(←中二の発想)

 

 

ブルスケッタ:パンの上に刻んだトマトとか色んなのを乗っけた料理

f:id:yamayanobuhiko:20170726204809j:image

ブルスケッタ - Wikipedia

 

 

 

 

「じゃあ肉、魚、野菜とか素材で考えてなにが食べたい?」

「あとは調理法で、揚げ物、グリル、煮物とかで考えてみ」

「その辺が絞れたら、あとは店員さんに聞けば教えてくれるよ」

 

 

とだけアドバイスして、完全にオーダーはアンディに任せました。

 

 

そしたら頑張って店員さんとゴニョゴニョやって、鮎のフリット(揚げ物)と豚肉のサルシッチャ(腸詰、ソーセージ)をオーダーしてくれました。(サルシッチャは僕も初めて知った)

 

 

 

■さて、今回の僕の指導的意味合いとは?

 

 

美容室でも、素人さんではよくわからないようなカタカナがめっぽう飛び交います。 

 

レイヤー

ウェイト

バレイヤージュ

ネープ

スライシング

ストロークカット

etc...

 

これら専門用語を使ってでしかお客様に説明できない自分になってませんか?

 

 

美容師:顔周りに少しレイヤー足しておきますね~。

お客様:あ、はいわかりました~。(レイヤーってなんだろ?まいっかよくわかんないし、いい感じになるんでしょ)

 

 

とかいうやり取りをしていないかな?

 

 

専門用語を使うこと自体がいけないんじゃなくて

本当にそれで相手に伝わっていますか?と振り返ってもらいたいところです。

 

 

 

 

自分のスタンダードが、相手にとってもスタンダードではない。

その人それぞれに【普通】があるので、知らないことをバカにしてもいけなければ、知ってることを自慢げにする必要もない。

そして【知らないこと】を恥ずかしがる必要もない。

わからなかったらわかる人に聞けばいい。

 

 

 

ただ、接客する身として、プロとして提案する立場の者として、

相手(お客様)にちゃんと理解してもらっていない状態は、同時に不安を与えているんやで。

そこをいかに解消するかが、誠実さやホスピタリティの部分。

 

 

 

うまくできるようになったら自然と自分のファンのお客様増えてくれると思うよ。

 

知らんけど。←

 

 

 

自身も振り返りながら真っ当な仕事をしていきたく思います。