NOBU -hair works-

新宿と銀座の美容室Joule , Joule South , Hair Lounge Joule Ginza のエリアマネージャー、NOBUのブログ。3店舗をまたいでサロンワーク中。離職率3%のヘアサロングループをマネジメント。渡英経験あり。28歳美容師の思うこと。

お客様の【時間】を頂いているという意識。

先日友人と話していた時の話題に

 

【美容室は時間がかかる問題】

 

が浮上しまして。

 

 

 

どうやらその友人の通っている美容室はカットカラーで毎回3時間ほどかかるそうで。

どうやら最初から時間設定を3時間にしているようなんですね。

 

それが長くて苦痛なんだけれども、もっと早く終わらせて欲しいんだけど慣れてるから他の美容室にも中々行きづらい、と。

「早く終わらせて欲しくて、それを伝えているけど終わらない」

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

これに関して僕が思うことは。

 

 

 

【長い時間をお客様から頂くのなら、その理由と価値をお客様に伝えるべき。】

 

 

 

美容室のカットカラーで3時間っていうのは【僕】の中では時間かけ過ぎです。

でもそれはあくまで“Jouleという環境で働いている僕”の価値観の話で、他のお店のやり方にどうこう言うつもりではありません。

 

 

むしろ人によっては『それだけ丁寧にやってもらっている』とポジティブに感じる人もいるはずです。

 

また、美容師が長く接客する時間を取っていて、話をするのが楽しい。と感じる方ももちろんいると思います。

 

お客様にはゆっくりとした時間を過ごしてもらいながら施術をするスタンスをとっているのなら、それはそのコンセプトでありだと思うんですよね。

 

 

 

ただそれは『コンセプトに価値を感じるお客様』にお店に来て頂いた場合ですね。

 

問題は『2時間で終わるものだと思っているのに3時間もかかる』という認識の差です。

 

 

 

 

飲食店で注文した料理が思っていたよりも時間がかかっていて「あれっ?まだ来ないの?遅くね?」な状態なワケです。

 

例えばそれが最初から「低温でじっくりと火を通すため30分ほどお時間かかります」と一声あったら納得の上判断できますよね?

 

 

その説明があるか無いかで、お客様の満足度が下がるのを防止できます。

 

 

 

 

 

・不用意にお客様をお待たせしていないか。

・自分の技術で時間がかかり過ぎていないか。

・お客様のその後の予定に間に合うようにしているか。

・お客様の要望によって時間がかかるメニューになった場合、どれくらい時間がかかるかきちんと説明しているか。

・急ぐあまりに雑になっていないか

 

 

 

もちろん『己の技術の遅さ』『提案の迷い』『話に夢中になって手が止まる』などと、自分で解消できる問題は全力で解消しましょう。

 

 

 

ただ直接的に『遅い』『滞在時間が長い』ことよりも『美容師側とお客様との施術時間の認識にズレがある』ことの方がよくないと思うんですね。

 

 

 

 

自分の中の「当たり前」は他の人にとっては「当たり前」じゃない可能性があることを意識しましょうね。