NOBU -hair works-

新宿と銀座の美容室Joule , Joule South , Hair Lounge Joule Ginza のエリアマネージャー、NOBUのブログ。3店舗をまたいでサロンワーク中。離職率3%のヘアサロングループをマネジメント。渡英経験あり。28歳美容師の思うこと。

【講習会に参加する】のと【上手くなる】のは違うぞ。

今朝のアシスタントからの相談で。

 

『やっぱりカットの講習会とか、積極的に参加した方がいいですよね?』

 

と聞かれたので。

 

即答で

『講習会に出る事自体を悪いとは言わないけど、まずモデル切ったら?』

 

と答えました。

 

 

  

 

ブランクのある彼は、昔に教わったカットを思い出すために外部の講習会に行きたいとのことで。

 

『教わる』ことが安心になるから、気持ちはわからなくもないのですが。

 

目的が『昔に教わったカットを思い出す』ためであれば

わざわざ外部の講習会に参加するよりも実際に【手を動かす】ことの方がよっぽど効果的だと思います。

 

 

 

自分の手を動かして、実際にカットしてみて、そこで初めて上手くいくところと上手くいかないところの違いがわかるのです。

上手くいかないところに対して『なぜこうなるのか?』とか『どこが違うのか?』とか自分で考えることが大切で。

 

 

 

 

自分のわからないところがわからない状態で講習会に行ったとしても。

何を中心に聞きたいのかわからないハズです。

 

なんとなくぼんやり「講習会に参加した」という事実を得て、なんとなく【勉強した気になった】状態が1番不毛です。

 

 

 

早く【上達する】ためであれば、まず自分でやってみる。

やったら何が上手くいかないかがわかる。

そうしたら先輩に聞いたり本を読んだり、YouTubeを見たりとわからないところを解消するように動ける。

 

 

ただ単純な繰り返し作業のように練習するのではなく、常に考える。

足りないのがどこか見つける。

上手く切れたところも見つける。

 

 

頭を使いながら繰り返し練習するのが1番早く上手くなるんじゃないかなぁ。

心折れそうになるのもわかるけどね。

 

がんばれー。