NOBU -hair works-

新宿と銀座の美容室Joule , Joule South , Hair Lounge Joule Ginza のエリアマネージャー、NOBUのブログ。3店舗をまたいでサロンワーク中。離職率3%のヘアサロングループをマネジメント。渡英経験あり。28歳美容師の思うこと。

美容室で寝てはいけないの?美容師がリアルに思う、寝られると困るシーン別ランキング。

 

先日のこと。

 

 

カット中にお休みになられていたお客様から

 

『あっ、寝てしまってすみません!ちゃんと起きてますね!』と。

 

もちろんいやいや全然大丈夫ですよ〜、と返したのですが。

 

お客様が美容室で眠ってしまうことに対して申し訳なく思うってことは

 

美容室で寝る=あまり良くないこと

 

 

と思われているのかと思いまして。

 

 

美容室で寝ることってそんなにダメなことでしょうか?

 

 

美容室で寝てしまった経験、みなさんもありませんか?

 

 

 

 

 

-------------

 

 

【結論】

 

基本的には寝ていただいてぜんっぜん大丈夫です

むしろただでさえ緊張してしまう美容室で、それだけリラックスしていただけるのは嬉しいです。

 

寝る行為自体よりも、寝ている時に首がカックンってなってしまうのが大変でして。

あとは、熟睡されていて頭が完全に前に倒れているとやりずらかったりします。

 

 

なので理想だと、首の位置が変わらない状態で寝ていただけると最高です! 

 

 

----------

 

 

 

とは言ってもどうしても眠くなってしまうと、無意識のうちに首がカックンとなっちゃうときもありますよね。

 

どのタイミングなら爆睡しても問題ないのか

首がカックンとなっても、前や横に傾いた状態でも大丈夫なのか

 

その辺を独断で少しまとめてみました。

 

 

 

【首が傾いた状態だと仕上がりに影響が出てしまう技術ランキング】

 

 

 

1位 カット

2位 パーマ、縮毛矯正、ハイライト

3位 カラー、ブロードライ

4位 シャンプー、ヘッドスパ

 

 

1位   カット

こればっかりは首をまっすぐにしておいていただかないと、デザインにモロ影響が出てしまいますのでめっちゃ重要です。笑

カットの種類によってはあえて傾けてもらうこともありますが、基本お眠りの際は首をまっすぐにしておいてもらえれば大丈夫です。

 

 

2位   パーマ、縮毛矯正、ハイライト

これらの技術は、後ろの部分の施術中なら首が傾いていても大丈夫です。

ただ、前髪や顔周りの施術になった時には顔をまっすぐにしていただかないと、狙ったデザインになりずらいので影響が出やすいです。

 

あとはパーマ中など薬剤を付けている最中だと液垂れが心配なので、その時だけは頭の位置を固定させていただくことがあります。

 

 

 3位 カラー、ブロードライ

これらの技術は基本的には、よっぽど頭が傾いている状態でなければ熟睡中でも問題なく勧められます。

カラーもブローも適度な力で髪の毛を引っ張られるので、頭皮が緩んで気持ちよいんですよね。

 

 

 4位 シャンプー、ヘッドスパ

もうこの2つに関してはぐっすりお眠りください!笑

個人的には眠っていただけると、気持ちが良くリラックスしていただけてると感じるので、ちょっと嬉しいです。笑

 

 

 

 

 

 

そう、カット以外の技術では基本的にある程度首が傾く分には大丈夫なのです。

 

そして、どうしてもまっすぐじゃないとできない大切なところは、美容師側が一声かけてお客様の首の位置を戻させてもらうことが多いです。

 

 

また美容室では薬剤の放置の時間があることが多いので、その時間とかは間違いなくゆっくりできますね。

 

 

 

 

担当の美容師さんにもよる部分はあるかと思いますが、基本的には美容室での過ごされ方はお客様の自由だと思っています。

 

なのでどうしても疲れてしまったときは気にせずにお休みになられて大丈夫ですよ。

 

 

 

参考になれば。