NOBU -hair works-

新宿と銀座の美容室Joule , Joule South , Hair Lounge Joule Ginza のエリアマネージャー、NOBUのブログ。3店舗をまたいでサロンワーク中。離職率3%のヘアサロングループをマネジメント。渡英経験あり。28歳美容師の思うこと。

ハイライトを入れた後の色落ちってどんな風になるの?

ハイライトを使ったカラーってやっぱり最強にキレイなんですよね。

 

何気ない風の揺れとか動きが出るので、春先にやっぱりオススメです。

 

f:id:yamayanobuhiko:20170322104822j:image

 

 

 

 

 

しかし、入れた直後の色味はキレイでも、どれくらい色もちするものなのでしょうか?

そして色落ちしたらかなり明るくなってしまうのでしょうか?

 

入れた後の色落ちってやっぱりキンキンの金髪になってしまうのか、不安ですよね?

 

 

いったいどうなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

色持ちに関しての結論から言うと、

 

 

ハイライトの入れ方にもよるけれども、一般的に普通のカラーよりも色落ちは早いです。

 

ブリーチを使うと、他の色の部分よりも明るくなります。

その明るい部分は、やはり他の部分よりも色落ちが早くなります。

 

 

 

ハイライトの明るくしている具合と、その後被せる色の濃さによりますが、

大体1週間ほどでハイライトの明るさがわかるようになり、3週間〜1ヶ月ほどで染め直しの時期が来ます。

 

 

 f:id:yamayanobuhiko:20170322105525j:image

 

上の写真の1ヶ月後がこの状態です。

明るく、結び目に向かって筋状のラインが出てますよね?

 

 

退色によって、少し黄色っぽい印象が出ていますが、汚らしくはなりません。

いわゆる"キンパツ感"はあまり出ていないようにみえます。

 

 

 

 

ポイントは、ハイライトの入れ方を細くこまかく多く入れること。

ブリーチで明るくする部分が太ければ太いほど、キンパツ感が強くなってしまいます。

 

 

 

 f:id:yamayanobuhiko:20170322110334j:image

 

 

参考になればと。