NOBU -hair works-

新宿と銀座の美容室Joule , Joule South , Hair Lounge Joule Ginza のエリアマネージャー、NOBUのブログ。3店舗をまたいでサロンワーク中。離職率3%のヘアサロングループをマネジメント。渡英経験あり。28歳美容師の思うこと。

ある程度記事数が増えるまで公開しない予定だったのに、2記事目を書く前にお客様へブログ見てくださいと伝えるに至った経緯。

なんせブログ初心者なので、なんもわかんないですね。

 

 

SEOとか言葉自体は知っていても、実際にブログを始めた今ちんぷんかんぷんです。

 

なんとなぁく言葉自体は知っていましたが、それを意識してモノを書くのはまだ難しい(というより単に勉強不足)ので、勉強しながらやっていこうと思います。

やりながらわかっていくこともきっと多いでしょう。

 

 

 

で、タイトルのことです。

 

 

本当は公開するまで、コッソリ記事を書きためていこうと思っていたんですよ。

10-20記事くらい書きためていったのちに、『いや、実はやってたんすよ!』的な感じの方がなんかカッコいいかなって思って。

実際こんな始めたばっかりのブログになんの価値もないし、これからその価値が出てくるのかもわからないし。

 

 

なんなら始めたくせに何か恥ずかしい感じがしたんですよね。自分の気持ちを書く行為もそれを公開することにも。

 

なんか気持ち的には初めて就職した、というか。転職先で馴染めるかな?的な不安に近いというか。

 

でも誰かに始めた事実は伝えたいっていう気持ちもありまして。

 

 

 

常連のお客様のMさんと話していまして。

(Mさんとはよくお互いの仕事の話をする)

今繁忙期らしく、毎日12時過ぎるまで仕事していてお疲れのご様子だったので、念入りにヘッドスパをしながら(Mさんとはシャンプー中でも会話になることが多い。)

 

 

僕:そういえばおとといブログ始めたんですよー。

Mさん:あ、そうなんですね教えてくださいよー。

僕 :いや、まだぜんぜん記事も書いてないのでもう少し充実してからでもいいですか?

Mさん:ノブさん、そういう自分的に準備段階だと判断してても、あまり考えずに伝えていったほうが良いらしいですよ?

僕:マジすか。。いやぁまだ恥ずかしいっすねぇ正直。ははは。

Mさん:いづれ周りに見てもらうものなんですから、早めに世に広まって見られる状態になった方が慣れるんじゃないですか?

僕:。。。。なるほどっす。その通りですね。じゃあせっかく見てくださるのでしたら・・・・

 

 

 

といった流れでして。

 

 

 

記事の内容うんぬんの問題はまだまだポンコツで支離滅裂なことも書いてしまうと思うのですが、そんなことよりもなにも

 

誰かに読んでもらうものにしていくのに、誰も読んでいない状態で書くのはただの自己満だ。

 

 

と気づかせていただきました。

もちろんそもそもブログ自体自己満的な要素は強いのかもしれませんが。

 

 

僕のブログは誰かに読んでもらうことを前提に始めたので、さっさと誰かに読んでもらっているものを書く、という自覚が必要だと教えていただきました。

 

実際に、【誰かが読んでいる】という自覚があって文字を打つのと、ただの感想文的な日記よりは、書く内容とか構成にはるかに気を配ります。

記事の内容よりも、自分の意識的な問題ですね。

 

いまこの記事を書くのに、文章何回も書き直してますし、どうやったら伝わりやすいのか考えながら頭フル回転です。

 

 

そういう意識的な問題っていろんなことにもつながりますよね。

誰かに見られている意識がなければ身だしなみは気にしない。

高級なホテルとかラグジュアリーな空間に行くと、なんとなくシャンととして立ち振る舞いに意識する感じでしょうか。

 

内容だったり、実状だったり、そういう結果の問題ではなく、意識の問題。

危うく最初から逃げ道を作るところでした。

 

 

このブログもいずれは読んでもらう価値のあるものに昇華していきたいと思っているので、その状態に早く持っていくようにアドバイスくださって、Mさん本当にありがとうございます。

 

 

 

 

とりあえず今月は【ブログを書く】ということに慣れようと思います。

 

目的としては、ブログを通して僕に髪を任せて欲しいと思う人、僕と一緒に働きたいと思う人に出会うこと。

 

できるだけフラットで、表裏のない人でありたいと思っているので、読む人によっては不快に感じることもあるかもしれませんが、自分の考えに正直に書いていくスタンスでいきます。

 

 

以上、 決意表明でした。

 

よろしくっす。

 

NOBU